埋没毛について細心の注意をはらう必要があります

埋没毛について細心の注意をはらう必要があります。脱毛しようと思ったときに非常に気になるのが埋没毛です。いわゆる毛抜きで抜くのを繰り返したことでおこってしまう埋没毛は毛根が引っ張られた結果、皮膚の表面の毛は抜けますが、逆に皮膚の下にある毛根部分がより中にはいってしまうことで、光脱毛で施術しても効果が出にくくなってしまいます。

 

埋没毛は皮膚の表面が平坦な部分には起こりにくく、ワキのような皮膚の表面がぼこぼこしているようなところに起きやすいので、絶対に毛抜きでの処理はやめましょう。

 

しかしすでに埋没毛になってしまったという人は光脱毛のときにスタッフとタッグを組んで施術してもらいましょう。まずはカウンセリングのときに恥ずかしがらずに自分のお肌を分析してもらいましょう。その時に重要なことは、キチンとどのようにムダ毛の処理をした結果、こうなってしまったのか話をすることです。

 

すでに埋没毛になってしまったのですから、後悔しても仕方がありません。これからの施術の方法をお互いに考えていくのです。方法としては念入りに光をあててもらうか、光のレベルをあげてもらうかというカタチになります。その後の自分の手入れも毛抜きを使うことは避けましょう。

 

全身脱毛がはじめての方の為におすすめサロンのご紹介