カミソリでの脱毛の危険性

カミソリでの脱毛は費用が安く手軽に行えるので、繰り返し脱毛をしがちです。しかし、カミソリでの脱毛には危険が伴います。

 

カミソリを使用すると毛だけでなく角質も取り去ってしまいます。角質には肌を保護する作用があり、角質が傷つくと紫外線などの外部刺激に対抗する力が低下したり、肌内部の水分が蒸発しやすくなって乾燥します。乾燥を放置して脱毛し続けるとガサガサの肌になってしまいます。

 

カミソリでの刺激や乾燥が原因で色素沈着やブツブツができることもあります。一度できると回復には時間がかかります。色素沈着やブツブツができてしまうと、ノースリーブやミニスカートを履くのをためらってしまうと思います。

 

また、カミソリ負けの危険もあります。カミソリ負けした部位から雑菌が入り込むと化膿する恐れがあります。

 

背中は自分では見えにくく手が届きにくいので、カミソリで脱毛するのは危険です。無理に脱毛しようとするとカミソリ負けの恐れがあります。デリケートゾーンは傷つきやすいのでカミソリでは脱毛しないようにしましょう。

 

安全にカミソリで脱毛するためにはいくつか注意点があります。使用するカミソリは清潔で切れがよいものにします。脱毛前には必ずローションで保護して、脱毛後にはローションやクリームで乾燥を防ぎます。

 

全身脱毛がはじめての方の為におすすめサロンのご紹介